Ostra Kunisaki生ガキ

1個400円

【a te】大分市中央町

国東の大自然の中で育てられた、瑞々しくふっくらしたブランド牡蠣

昨年11月にオープンした、ワインに合うアテが楽しめる気軽なバル『a te』で味わえるのが、国東の大自然で育てられた「Ostra Kunisaki(オストラ・クニサキ)」のブランド牡蠣。世界農業遺産にも認定された豊かな自然に恵まれた国東半島。ここで養殖される生食用牡蠣は、一貫して種苗から一つひとつ大切に育てられています。

ギュッと旨みが詰まったさっぱりした味わいで、小ぶりで食べやすく、身は瑞々しくふっくら。口に入れた瞬間、牡蠣とは思えない清涼感、後から湧き上がる旨みが口いっぱいに広がります。牡蠣に合わせたいならやっぱり白ワイン! 『a te』では、イタリアンワインがグラスで気軽に味わえるので、ぜひ新鮮な牡蠣とのマリアージュを楽しんでみてくださいね。

【オーナー 五十嵐諭さん】

26歳で料理の道へ。イタリアのパルマや、トスカーナ地方の料理店などで3年働いたのち、帰国し、縁あって大分に。『由布院 アルテジオ』などで研鑽を磨き、2018年から『BAR PONTE』で店長を務め、2023年11月に『a te』をオープン。ワインのアテが楽しめる、カジュアルなバルとして、早くも注目を集めている。

a te(アテ)

竹町の商店街から一歩出たところに佇む隠れ家的なバル。カウンターメインなので、おひとりさまも大歓迎。15時からオープンしており、「陽のあるうちから飲みたい!」欲求にも応えてくれる。

住所:大分市中央町3-5-23渕野ビル1F

電話番号:なし

営業時間:15:00~22:00(フードLO21:00)

定休日:不定

Instagram:@ate.oita